上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
東日本大震災から一年が経ちました。

あの日の事を、昨日の出来事のように鮮明に覚えています。

一年前に、今ある一年後を想像する事が出来ませんでした。

長くも短くも、一年という月日が流れました。


私は八年前に父を亡くしました。

息をひきとる際に側に居る事が出来ましたし、荼毘に付し、最後まで
見届ける事が出来ました。

それでも自分自身に区切りをつけるには、長い時間が掛かりましたし
正直、未だに区切りがついているかどうか分かりません。

震災により未だ行方の分からない方々のご家族、ご親類、ご友人。

私が体験した事のない、胸の苦しみ、「区切り」という部分をどのよ
うに求めていらっしゃるのか、本当に大変な事と思います。

時間も必要だと思いますし、自分にとっての「区切り」が見つかる事
、出会う事を願っています。


震災から一年、亡くなられた方々のご冥福を祈ると共に、被災された
方々のお見舞いを申し上げます。


これからどのように立ち上がり、どのように変革してゆくのか。

私自身、音楽という活動を通じて見届けたいと思います。


合掌

姫神 星 吉紀 拝
スポンサーサイト
2012.03.12 Mon l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。