上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
先週、平泉を訪ねた時のこと。

20100731_1

いつも毛越寺さんを訪ねる際、観自在王院跡を通ります。

改めて観自在王院跡を紹介したいと思います。

20100731_2

観自在王院は、奥州藤原二代基衡公の妻室が建立したそうです。

舞鶴が池を中心とした浄土庭園というつくりは、大泉が池を中心とした毛越寺さんの
浄土庭園と同じく、平安時代の日本の庭園が唯一残っている場所です。

20100731_3

奥州藤原二代基衡公の妻室は、安倍一族・安倍宗任の娘で、基衡公が亡くなった際に
建立したとの事です。

20100731_4

今は平泉町が管理する史跡公園として、地元の方々、観光の方々が立ち寄る場所と
なっております。

20100731_5

福島県いわき市の白水阿弥陀堂も同じく、浄土庭園の形式となっており、その時代の
主が亡くなった際、妻室が建立という点は共通しています。


さて、先週から山百合(ヤマユリ)が咲き始めました。

20100731_6

草刈りの名人は、このヤマユリを見分けて、切らないで残すそうです。

かつて先代が、ヤマユリの風貌と香りを好み、よく花瓶に生けていたのを思い出しました。

夏まっただ中、制作に没頭する日々を過ごしています。

ヤマユリのような強く美しい音を奏でたいと思う今日この頃です。
スポンサーサイト
2010.07.31 Sat l 平泉 l top ▲
番外編です。

ふるくから白山から水の恵みがあり、その1つが手取川です。

日本海へと続くその姿を観てみたい..と思ったのがきっかけで、以前から通る度に
気になっていた場所へ行ってみました。

20100720b_01

20100720b_02

パラグライダーが飛んでいたのを何度も目撃していたので相当高い場所であろう..と
簡単なきっかけでゴンドラで高原へ。

20100720b_04

20100720b_05

景色は良いんですが...僕は飛行機が苦手で、ちょっとした怖さも感じつつ高原へ
と移動していきます。

20100720b_06

20100720b_07

どんどん登っていきます。

20100720b_08

頂上に着きました!

20100720b_09

天候も良く、日本海へと続く手取川の姿が観えました!

20100720b_10

緑の平な場所は、パラグライダーの方がテイクオフする場所です。

20100720b_11

20100720b_12

景色にみとれていたところ、なんと目の前でパラグライダーのテイクオフが..

20100720b_13

と、飛びました!

20100720b_14

20100720b_15

ゴンドラで下山すると、

20100720b_16

ミステリーサークル?

いえ、きっとパラグライダーの方が着陸する目印だと思われます。

20100720b_17

下から観ると楽しそうに感じるのですが、上から飛び立つのを見るとちょっと怖い気も
します。


ちょっとした番外編でした。
2010.07.21 Wed l 白山 l top ▲
前日に閉門していた白山本地堂・林西寺へ再び訪ねてみました。

20100720a_01

20100720a_02

20100720a_03

元々、白山の山頂や山々にお祀りしていた仏像が今、白峰村にある..という話を
聞き、初めて訪問しました。

20100720a_04

20100720a_05

20100720a_06

残念ながら内部は撮影禁止でした。

しかし、藤原三代秀衡公が寄進した銅造地蔵菩薩像が安置されていました。

その他にも数々の貴重な白山御本地仏があり、貴重な体験となりました。



この後、福井へ山越えし、高速道路を経由して名古屋へと向かいました。

20100720a_07

まだまだ書ききれない数々の話と体験を通じて、今一度「平泉」を考えてみたいと
思います。

長かったような、そして短かったような平泉に関係する白山巡りを無事終えました。

始終、天候にも恵まれ事故もトラブルもなく無事に過ごす事が出来ました。

姫神が奉納演奏をさせて戴いた神社さんもございます。

平泉~そして姫神としてご縁を賜った軌跡を辿りました。

ご興味のある方は是非、お訪ねください。
2010.07.21 Wed l 白山 l top ▲
7月20日(火曜日)。

天候は非常に恵まれた快晴です。

石川県白山市へ移動。

20100720_01

白山比め神社に到着。

20100720_02

20100720_03

連休には沢山の参拝の方々が訪れた事と思います。
平日でも絶えず参拝の方々がいらっしゃいました。

20100720_04

鳥居の前には大きな狛犬があります。

20100720_05

略由緒です。

20100720_06

手水舎。

20100720_07

20100720_08

駐車場側からは近い道で、本来表参道はこの階段を登って参ります。

20100720_09

20100720_10

20100720_11

20100720_12

20100720_13

荒御前神社。

20100720_14

20100720_15

20100720_16

20100720_17

20100720_18


20100720_19

20100720_20

足がかなり長く、そしてたくましい狛犬です。

20100720_21

20100720_22

20100720_23

白山奥宮。

20100720_24

20100720_25

20100720_26

20100720_27

20100720_28

正面からみると分からないのですが、斜めからみると拝殿の屋根の形がみえます。

20100720_29

20100720_30

20100720_31

20100720_32

20100720_32

20100720_33

かつて平成二年にあった奉納演奏の大きな絵馬です。

20100720_34

今年も参拝をさせて戴きました。

この後は再び石川と福井の県境へと移動します。
2010.07.21 Wed l 白山 l top ▲
福井県勝山市、平泉寺白山神社でのお参りを終え、石川へ。

20100719e_01

石川へ越える峠でいつも立ち寄る場所へ。

20100719e_02

20100719e_03


今回は、白峰村というところに立ち寄ってみました。

この場所には、林西寺というお寺があり、本地堂があると聞きました。

大師堂の上村さん、平泉寺白山神社の権禰宜・平泉さんに一度訪ねてみると良い..
とお聞きし、立ち寄ってみる事にしました。

20100719e_04

20100719e_05

20100719e_06

20100719e_07

20100719e_08

20100719e_09

残念ながらお堂は閉まっておりましたが、再度訪ねてみようと思います。

少々強行ですが、岐阜→福井→石川と巡りました。

次記事では、白山比め神社さんと林西寺さんの模様をお伝えしたいと思います。

2010.07.20 Tue l 白山 l top ▲
福井県勝山市、平泉寺白山神社へ。

20100719d_01

三連休という事もあり、大型バス、乗用車で駐車場が混雑する程で、ここ数年
訪ねた際の一番の賑わいでした。

近年、素晴らしい苔と風景が評価され、訪れる方が増えているそうです。

20100719d_02

20100719d_03

20100719d_04

20100719d_05

権禰宜さんに案内をして戴き、興味深い話を聞きました。

狛犬なんですが、ア・ウンの左右が反対?

理由は分かりませんが、何か意味があるのでしょうか。

20100719d_06

20100719d_07

20100719d_08

緑の絨毯が綺麗に映え渡る光景、国内をみてもなかなかない景色ではないでしょうか。

20100719d_09

20100719d_10

常に絶えず人の往来がありました。


参拝を無事に終え、石川県へと向かいます。
2010.07.20 Tue l 白山 l top ▲
お参りを終えて、石徹白から白鳥町へ。

その峠は非常に険しく、

20100719c_01

改めて立ち止まってみると凄い景色です。

20100719c_02

岐阜県より福井県へ。

20100719c_03

天候が良く、雲が手に届きそうな距離に見えました。

20100719c_04

九頭竜湖の畔、美濃街道を進みます。

20100719c_05

20100719c_06

無事福井へ到着。勝山を目指します。

20100719c_07
2010.07.20 Tue l 白山 l top ▲
先ほどの大師堂に安置されている虚空蔵菩薩さんは明治初期までは白山中居神社に
安置されていました。

明治の廃仏棄釈までは、この場所に虚空蔵菩薩さんがあった..という事です。

20100719b_01

狛犬の足が若干太く立派に見えます。

20100719b_02

20100719b_03

20100719b_04

今現在も白山への登山口という場所でもあります。

20100719b_05

20100719b_07

木漏れ日、光が差し込む参道を進みます。

20100719b_06

20100719b_08

20100719b_09

20100719b_10

20100719b_12

20100719b_13

宮川という川で、橋は宮川橋という名称だそうです。

20100719b_14

宮川上流。

20100719b_15

20100719b_16

20100719b_17

20100719b_18

20100719b_19

20100719b_20

この場所に、虚空蔵菩薩さんが安置されていたそうです。

20100719b_22

20100719b_21

20100719b_23


参拝を終え、次の場所へと向かいます。
2010.07.20 Tue l 白山 l top ▲
白鳥町から石徹白へ。

20100719a_01

今年もやって参りました。
標高1000メートル弱のエリアです。

20100719a_02

大師堂へ。

20100719a_03

20100719a_04

20100719a_05

橋に苔が生え、清流が光っていました。

御来光橋(ゴライコウハシ)という名前の橋だそうです。

20100719a_06

20100719a_07

20100719a_08

夏の石徹白は秋と違い緑は生えて清々しい景色です。

暑い日でしたが、時おり吹く風が心地よく感じます。

20100719a_09

ここは以前、虚空蔵菩薩が安置されていたお堂だそうです。

今現在はコンクリートで作られた頑丈なお堂に安置されています。

20100719a_10

今から約800年前に平泉から上村十二人衆に託され、白山の麓におくられた
虚空蔵菩薩です。

白山の博物館で写真や絵はがきがありますが、実際観ると毎回表情が違うように
感じます。

上村十二人衆の末裔で、管理をされている上村さんにお話を伺いましたが、朝、
昼、夕方と顔が違うように感じる..と聞きました。

両手を合わせて拝みますが、その時の自分の気持ちや心を良い意味で見透かされ
ているような感じがします。


上村さんにもう1つお話を聞きました。

20100719a_11

御来光橋の下に大きな岩が1つ。

この岩は、御来光岩と言われており、旧参道からみると日が登る位置関係にあった
そうです。

どんな洪水や濁流があっても微動だにせず、ずっとこの場所に鎮座しているそうです。

大師堂を拝み、次への場所へと向かいました。
2010.07.20 Tue l 白山 l top ▲
7月19日(月・祝)。

岐阜県郡上市白鳥町にある白山長滝神社へ。

昨年11月に訪ね、7ヶ月ぶりのお参りとなりました。

白山長滝神社さんでは過去三度、奉納演奏がありました。

僕は小学生、中学生、高校生と近年訪れている場所です。

20100719_01

20100719_02

20100719_03

20100719_04

20100719_05

20100719_06

20100719_07

秋に鮮やかな黄色の葉があったイチョウの木の下には、

20100719_08

ちょっと早い落葉がありました。

20100719_09

20100719_10

手水所。

20100719_11

20100719_12

20100719_13

何とこの時期ならではですが、悠久の華を見る事が出来ました。

20100719_15

20100719_16

平成16年に平泉・中尊寺より株分けされた古代ハスの花が咲いていました。

20100719_14

20100719_17

長滝寺。

20100719_18

同じ参道、同じ境内にお寺と神社がある..神仏混合の世界が形として残っているのは
非常に珍しいケースだそうです。

拝殿。

20100719_19

20100719_20

もう1つの手水所。

20100719_21

20100719_22

宮司さんにお願いし、参拝後にお札を頂戴して長滝白山神社をお参りを無事終えました。

20100719_23

20100719_24


次への場所へと向かいます。
2010.07.20 Tue l 白山 l top ▲
7月18日(日曜日)。

午前中に神宮会館の会場で、伊勢神宮奉納全国花火大会の表彰式に出席しました。

そして今回は全国ハナビサミットと題して、神宮支庁・参事さんの講演を拝聴し
宇治山田駅へ。

名古屋から予約していたレンタカーに乗り込み出発。

20100718_1

物凄い快晴!です。

20100718_2

山を越え、山を潜り、道を進みます。

20100718_3

日差しが当たる緑は映え、日陰の部分は暗く。

明暗のコントラストが綺麗な道を進みます。

20100718_4

伊勢に移動した日、東海地方が梅雨明けとなりました。

本日は、東北・北部・南部共に梅雨明けとなりました。

20100718_5

山あいを進んでいきます。

20100718_6

ようやく到着。

ここは長良川。

詳しくは次記事で紹介して参ります。

2010.07.20 Tue l 白山 l top ▲
本日、7/17(土曜日)。

全国花火サミット開催記念 第58回 伊勢神宮奉納全国花火大会当日。

20100717_01

見事な快晴に恵まれました。

20100717_02

ニュースで東海エリア梅雨明けの一報がありました。

20100717_03

夕方早めに会場になる宮川河畔に着きました。

20100717_04

夕陽になる前は、体感温度30度を越える暑さでした。

20100717_05

花火大会がスタート。

審査員をしながらの撮影でしたので、少々見辛い写真ですがご覧戴ければと思います。

20100717_06

始めはうっすら夕陽が残る空での花火。

20100717_07

徐々に日が暮れて真っ暗な空に輝き出しました。

20100717_08

20100717_09

20100717_10

20100717_11

20100717_12

20100717_13

20100717_14

素晴らしい技術の結晶、そして心のこもった花火でした。

進行上、会場と花火師さん達の一体感を演出する場面もあり、非常に心に残る
花火大会でした。

明日の表彰式、そして全国花火サミットの講演に出席する予定です。

興味のある方は是非来年、ご覧戴ければと思います。
2010.07.18 Sun l 伊勢 l top ▲
昨日に伊勢にきました。

20100716

8ヶ月ぶりの伊勢。

昨日は内宮、外宮をお参りしました。

本日は伊勢神宮奉納花火大会です。


~全国花火サミット開催記念~
第58回 伊勢神宮奉納全国花火大会

開催日時/平成22年7月17日(土)
 午後7時25分~9時15分〔予定〕
 ※大雨・強風・増水時は18日(日)、19日(祝)に順次延期。
 (3日とも開催できない場合は、9月11日(土)、12日(日)に順延)
   
開催場所/伊勢市宮川河畔(度会橋上流)
   
お問い合わせ/伊勢神宮奉納全国花火大会事務局
  (伊勢市観光事業課内)
   TEL0596-21-5566
       ※開催の有無については、当日午前7時頃に決定します。
       専用電話(当日のみ)  TEL0596-28-9160(音声自動案内)

http://www.city.ise.mie.jp/icity/browser?ActionCode=content&ContentID=1238045912161&SiteID=0

昨年に引き続き、本年も審査員という大役を賜りました。

本日は天候にも恵まれ、最高のコンディションに思います。

お近くの方は是非、ご覧戴ければと思います。
2010.07.17 Sat l 伊勢 l top ▲
先日、平泉へ行った時の事。

帰り際に、

20100714_1

こんな光景にめぐりあいました。

20100714_2

やっぱり、何だか雲が近い..そう感じます。


ここ最近、夕方の雷雨で作業を中断する日々が続いています。

山間部という事もあり、瞬間停電によって機材がリセットされたり、ダメージを受ける
恐れがあります。

雷の音が聞こえたら→即、電源Off という日が続きました。

この季節、特有の事ですが、たまにはそんな日があっても良いかな..と思い、早めに
帰宅しようとしたところ、

20100714_3

毎日、色んな夕陽を眺めるのが日課となってしまいました。

20100714_4

梅雨のせいなのか、雲の様々な表情に惹かれます。

20100714_5

さて、今週から出張であちこち巡ってきます。

追々ブログを更新していく予定ですので、お楽しみに!

2010.07.14 Wed l 平泉 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。