上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
本日、6月27日(日曜日)午前。

平泉、毛越寺さんへ参拝。

20100627_1

今、毛越寺さんでは「あやめ祭り」という行事があり、午前9時の時点で
沢山の参拝の方々がいらっしゃいました。

20100627_2

今日は、延年の舞・舞台で「延年の舞」があるそうです。

20100627_3

一山の和尚さん方が準備をしておりました。

この舞台は、以前「悠久ノ華」という曲を初めて演奏・奉納させて戴いた
場所でもあります。

20100627_4

国指定重要無形民俗文化財「延年の舞」。

20100627_5

20100627_6

舞台は綺麗な木作りになっています。

20100627_7

20100627_8

本日はこれから奥州エフエムさんにて生放送「夢幻夜行(マガドキヲユク)」。

平泉・毛越寺さんと電話中継で、あやめ祭りと来週末に予定されている行事の
概要などをお話いただく予定です。

それでは、これより奥州エフエムへ向かいます。

スポンサーサイト
2010.06.27 Sun l 平泉 l top ▲
昨日、6月26日(土曜日)、平泉町へ行きました。

20100626_1

場所は新しい国道4号線付近に集合。

今回、平泉へ伺ったのは地元の平泉商工会青年部さん、平泉町役場青年部さんによる
クリーン作戦に参加させていただきました。

20100626_2

平泉町では、お祭りや行事の際に道路沿いに投げ捨てられたゴミを拾うクリーン作戦を
定期的にやっているそうです。

20100626_3

僕は今迄知らなかったのですが、平泉の景観を維持する為に地元の方々が毎年ボランテ
ィアでゴミ拾いをし、のぼりや旗を立ててゴミを捨てないよう取り組んでいます。

20100626_4

平泉町観光商工課の課長、千葉さん。

自ら、つなぎ服を着て参加していました。

20100626_5

飲み物の缶やペットボトル、ファーストフードの紙袋等、様々な物が捨てられて
いました。

20100626_6

今回ゴミ拾いをしたのは、柳之御所遺跡付近。

平泉の館があった場所とされていて、奥州藤原氏の政庁いわば中心的な機能を果たして
いた場所です。

このような場所にゴミが....と思うと、罰が当たるのでは?と感じながらクリーン
作戦に参加しました。


当ブログを通じて皆さんへお願いです。

平泉に限らずゴミのポイ捨てはしなよう、お願い致します。

また平泉においては、地元の方々がこうして環境維持に努められている現状があり、
平泉の景観は町民の方々一人一人によって守られています。

平泉に訪れる際、当然の事ですがモラルを守った観光を心がけていただくようお願い
したいと思います。


最後に、あたたかく迎えて戴いた地元の平泉商工会青年部さん、平泉町役場青年部
さん、関係者の皆さんに御礼を申し上げます。

また、次回の機会には出来る限り参加したいと思います。

今後の行末を見守りたいと思います。

2010.06.27 Sun l 平泉 l top ▲
ようやく仕事場のアナログ・コンソールのメンテナンスが一区切りつきました。

以前、

20100603_3

http://hokujinreika.blog40.fc2.com/blog-entry-173.html

記事にも書きましたが、少し詳しく書きたいと思います。


今回、アナログ・コンソールのモジュールにあるEqualizer(イコライザー)の
On/Offスイッチの接点が不良となり、音が出ない..という現象に見舞われま
した。

*EQ(イコライザー)は、音の質、特に周波数の各ポイントを持ち上げたり、
 下げたり可変するいわば音質のトリートメント効果みたいなものです。

さて、モノ・モジュールの基盤写真を参考に今回のメンテナンスを説明しますと、

20100618_1

写真中央辺りの青いパーツがEQのOn/Offスイッチです。

20100618_2

赤い○で囲んだ部分のパーツです。

20100618_3

このパーツは12接点あり、1つづつ半田を除去して部品を取り外します。

20100618_4

青い○で囲んだ部分に、新たなスイッチを設置、半田付けをします。

20100618_5

写真で観ると簡単そうにみえますが、意外と時間が掛かります。

モジュール1本につき、おおよそ30分~小1時間で仕上げます。

モノ・モジュールを8本、ステレオ・モジュールを7本、計15本のメンテナンス
に丸2日掛かってしまいました。

今迄、忙しいのを理由にごまかして使っていましたが、とうとうどうしようもない
所まできてしまい、まとめてメンテナンスする形となりました。

普段からコツコツと少しづつ直していれば良かったのですが...
いつも心ではそう思っているのですが、なかなかそうもいかない現状です。


これでしばらくは安心して使える事もあり、Recording作業にも集中出来そうです。

たまに違う事に集中して脳内リセットの意味ではリフレッシュが出来ましたので、
機材と共に僕もリフレッシュ・スタートで作業を進めて行きたいと思います。


さて昨日の夕暮れです。

20100618_6

毎日違う表情、色を眺めるのが日課になってきました。

稲も毎日成長している様子で、出来る限り一年間の様子をこうして写真でお伝え
出来れば..と思っています。

2010.06.18 Fri l スタジオ l top ▲
翌日、6/13(日曜日)。

朝、草刈り作業で集まっていた山口太鼓の会員の方達と某所へ。

20100613_02

スコップで穴を掘っていきます。

20100613_04

交代で、穴を掘っていきます。

20100613_05

さて、穴を掘っていたのは、

20100613_06

記念の植樹の為でした。

20100613_07

記念樹の記念撮影は、木を中心に

記念樹右側:佐々木 沙織さん
      黒田 りかさん
      佐々木 徹真さん(副会長)
      佐々木 崇秀さん
      中山 のぞみさん
      黒田 サエさん
記念樹右側:吉田 圧務さん
      中山 麻子さん
      崎尾 雅樹さん
      吉浜 孝治さん
      吉浜 定雄さん
      佐々木 達哉さん
      佐々木 茜莉さん
      佐々木 舞桜さん

の皆さんです。

20100613_08

なんと、会員の方による手作り看板まで用意して戴いておりました。

2010年という節目に「朴の木(ホウノキ)」を植樹しました。

この先、何十年先、もし自分の命が続いていた時には、この日の事を思い
出しながら自分が進んで来た道を振り返ってみたいと思います。

朴の木と共に、山口太鼓の会さんと共に、これから一歩一歩確実に歩んで
参りたい..そう強く心に、そして皆さんと約束・絆を結ばせて戴いたよ
うに思っています。


先代の時よりお世話になっている山口太鼓の会・会長の佐々木清さん、
会員の皆さんにこの場をかりて心より御礼を申し上げたいと思います。

二日間、あたたかく迎えていただきありがとうございました。



この後、現地解散~向かった先は、

20100613_09

浄土ヶ浜。

前日のやませは殆どなく、風も穏やかで波も穏やかでした。

20100613_10

前日の写真と比べると、景色がまったく違います。

20100612_02

本当に快晴で、風も波も穏やかな浄土ヶ浜を巡ってみました。

20100613_11

20100613_12

20100613_13

20100613_14

20100613_15

20100613_16

トンネルを抜けると、そこは、

20100613_17

20100613_18

20100613_19

20100613_20

20100613_21

2つめのトンネル

20100613_22

20100613_23

20100613_24

2つめのトンネルを抜けると、そこは、

20100613_25

20100613_26

20100613_27

20100613_28

20100613_29

20100613_30

20100613_31

20100613_32

20100613_33

20100613_34

道を戻る途中、

20100613_37

展望台へ。

20100613_35

20100613_40

20100613_36

20100613_38

20100613_39

20100613_41

20100613_42

20100613_43

前日、やませで観えなかった月山の方へ向かいました。

20100613_44

前日の写真を比べると、

20100612_03

全然違う風景です。

今回はタイミング良く、やませがある風景とない風景を見比べる事が出来ました。

こうして宮古での見学と記念植樹を無事終えました。

また次の機会に訪れる時には、どんな風景なのか?を楽しみに過ごしたいと思います。


2010.06.14 Mon l 山口太鼓 l top ▲
一昨日、6/12(土曜日)本州の最東端。

岩手県宮古市へ。

宮古へ到着して直ぐに名勝・浄土ヶ浜へ。

20100612_01

この時期、やませによって全く海が見えない...

という日があるそうです。

写真や記述で「やませ」を見た事はありましたが、実際の「やませ」を生まれて
初めて観ました。

20100612_02

「霧」とは違い、高さは低く、霧の塊のようなものがゆっくりと海から川へ向か
っていくそうです。

宮古の山「月山」も、

20100612_03

頂上の方しか観えませんでした。

それから宮古へ来て思う事が1つ。

普段、仕事場のまわりには野鳥が飛び回っていますが、宮古では、

20100612_04

ウミネコが沢山飛んでいます。

鳴き声といい、姿・形といい、「あぁ、海に来たんだ..」と思う瞬間でもあります。


さて、宮古と言えば、

20100612_05

「たらふく」。

以前、当ブログでも紹介致しました。

http://hokujinreika.blog40.fc2.com/blog-entry-156.html


20100612_06

山口太鼓の会、佐々木達哉さんと共に、

20100612_07

いただきました。


夕刻、宮古市黒森町山口にある「黒森ふれあい館」へ。

20100612_08

「黒森ふれあい館」は黒森神社の麓にあります。

20100612_09

この日、山口太鼓の会さんの練習を見学させて戴きました。

20100612_10

また日も明るい時間、少人数での練習がスタートしました。

20100612_11

今回は幸運にも新曲の練習がメインでした。
新曲を聴かせて戴きました。

20100612_12

いつも聴いていて、観ていて思うのですが、太鼓はよく「命の鼓動・リズム」
という風にも感じます。

20100612_13

ただテクニックなどの技で叩くのでなはなく、1発1発のバチさばきに、1つ
1つの気迫・魂を大きく感じます。

20100612_14

そしてただ叩くのではなく、型があり、荒々しい波のリズムの中に綺麗なフォ
ームは観る人の心を惹き付ける魅力を感じます。

20100612_15

徐々に日が暮れていき、会員の方達が1名、また1名と増えていきます。

20100612_16

練習の終盤、山口太鼓の会さんの名曲「宮古ばやし」の練習が始まりました。

20100612_17

先代・故・星吉昭は、山口太鼓の会・会長の佐々木清さんを「名作曲家」と
言っていました。
それは、太鼓だけの楽器構成で曲を作る事は非常に難しく、しかも「宮古ば
やし」という名曲は凄い!という言葉を覚えています。

20100612_18

この日は、会長の佐々木清さんも練習を見守り、残念ながら前日に怪我をさ
れた会員の方もいらっしゃいました。

太鼓を叩かなくても、その場で同じ気持ち・心を持ってその場に居る..
そんな姿勢・心境を感じました。


練習後、本日参加した会員の方達と楽しい一時をご一緒させて戴きました。

20100612_19

色んな話が飛び交い、にがやかに話に花が咲きました。

20100612_20

せっかくの機会という事もあり、記念写真を撮影しました。

20100612_21

この日、一緒に過ごさせて戴いた山口太鼓の会の皆さんは、

 写真私の斜め後ろ:佐々木 清さん(会長)
私から時計まわり順:佐々木 達哉さん
          佐々木 夕さん
          佐々木 沙織さん
          豊間根 佳美さん
          大城 里美さん
          黒田 りかさん
          崎尾 雅樹さん
          中山 のぞみさん
          吉浜 孝治さん
          佐々木 徹真さん(副会長)
          吉浜 定雄さん
          中山 麻子さん
撮影で写っていない:佐々木 崇秀さん

でした。

ありがとうございました。


さて、今回宮古へ来た目的はもう1つありました。

次記事へと続きます。

2010.06.13 Sun l 山口太鼓 l top ▲
本日の夕暮れ。

いつも同じ場所から撮影していますが、また今日も違った表情でした。

20100611_1

今週はわりと晴れていた一週間でした。

20100611_2

明日から、岩手県の沿岸、宮古市へ行ってきます。

追ってブログで宮古の模様をお伝えしたいと思います。

2010.06.11 Fri l スタジオ l top ▲

先週、先代の生まれ故郷を巡ってきました。

父は7人兄弟の末っ子。

僕が生まれた時には、父方の祖父・祖母は既に他界しており、写真でしか観た事が
ありません。

幼少の頃から宮城県北はもう1つの故郷。

僕は岩手で生まれて岩手で育ちましたが、半分は宮城県北の血が流れています。

「ほでね・ほでがす・ほでがいん」方言を教えてくれたのは先代でした。

岩手県南と宮城県北は、方言や文化が似ていたり同じような部分が多くみられます。

この日は雨が降ったり止んだりとちょっと不安定な天気でした。

帰り道に、

20100609

「天弓」=「虹」。

非常に大きな虹で、二重になっていました。

お天気雨?という不思議な状況での虹を久々に観ました。

また観る日を楽しみに過ごしたいと思います。

2010.06.09 Wed l スタジオ l top ▲
ここ最近、ずっと岩手は天気の良い日が続いております。

なんだか1日の終わり、最後に夕陽を観る事が続いていて、まるで気持ちや心が
洗われるように感じます。

20100603_1

前回の記事での写真と同じ場所です。

また違う空、夕陽です。

20100603_2

温泉に行ったり、景色の綺麗な場所に行ったり、心や気持ちのメンテナンスが
欠かせなくなってきてます。

メンテナンスと言えば...楽器、機材。

スタジオで使用しているアナログ・コンソールの調子が悪くなり、

20100603_3

メンテナンスをしないといけないみたいです。

楽器・機材も定期的なメンテナンスが必要で、ベスト・コンディションを保つ
のはこまめに手入れをする..の一言に尽きます。

山の中に仕事場があるので、必要に迫られて..というか自分で出来る事、
自分でやれる範囲でメンテナンスをしています。

シンセサイザーも既に生産完了した銘器はメーカーでの修理が出来ない機材も
あり、そうした場合には自分でやるか、民間メンテナンス会社さんにお願いを
しています。

普段使用している機材も、こうして自分が分かる範囲でメンテナンス出来ると
いざ!という時に役立ちます。


さて、今夜はRecordingがあり、ある程度簡単なメンテナンスを済ませて準備
に臨みたいと思います。

2010.06.03 Thu l スタジオ l top ▲
数日前の事、いつも見慣れた空が不思議な色というか、表情をしていました。

20100601_1

この場所はとても気にいっているところで、水田には苗が植えられていました。

20100601_2

いつも思うのですが、こんな時の水田は水面に山や空が映り、かっこいいというか
美しいと思うのは僕だけなのでしょうか?

今年は冷夏になるとの予報を聞きましたが、日の光を沢山浴びて秋には立派な稲に
成長する事を願っています。

2010.06.01 Tue l スタジオ l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。