上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
いわきでの冬の白水阿弥陀堂から一週間。

平泉へ。

この日は、毛越寺さんへ参りました。

20100221_1

天気にも恵まれ、暖かそうに見えますが...

20100221_2

浄土庭園の大泉が池は、氷の上に白い雪。

やはりというか、いわきから300キロ。

平泉は浄土庭園の氷はあつく、寒さの中にあたたかみを感じます。

20100221_3

この日は、開山堂の方は氷がとけておりました。

20100221_4

「極楽浄土」という言葉があります。

仏国浄土であった平泉。

何だか白い氷と雪が雲のようにもみえますが、八百年前に想像されていた
世界はどんな形・姿だったのでしょうか。


この日は、昼に芭蕉館さんでお蕎麦を食べ、午後からは奥州エフエムへと
向かいました。

スポンサーサイト
2010.03.27 Sat l 平泉 l top ▲
翌日。

20100214_1

白水阿弥陀堂の屋根は白いものの、天気に恵まれました。

20100214_2

浄土庭園の水面ですが、実は氷がはっていたのです。

20100214_3

僕はこのような景色をいわきで、しかも白水阿弥陀堂で観るのは初めての事です。

冬のいわき、白水阿弥陀堂の新たな魅力を感じた一面でもあります。

20100214_4

昨日、泳いでいたカモですが、よーく観てみると氷の上を歩いていました。

20100214_5

白水阿弥陀堂は、今から約八百年前の平安時代。

藤原初代清衡公の娘、徳姫(徳尼)が岩城氏へと嫁ぎ、夫・則道公が亡くなった際に
建立されたそうです。

平泉の浄土庭園や仏国浄土のイメージに強く影響があるように感じます。

約300キロ離れた平泉と、同じ時代を巡って今日に至ります。

白水(しらみず)というのは、平泉の「泉」という字から、
*上に「白」下に「泉」、上下重ねると「泉」という字になるという説
いわきには「平」という地名があり、これも平泉の「平」からという説が
あります。

遠く離れた地から観た平泉。

また一段と奥深く平泉を感じる事が出来ました。

先代の代よりお世話になった御礼と、平泉世界遺産登録を願い、参拝をしました。

またいつの日か、いわきを訪れたいと思います。

遠い記憶を胸に、そしてすがすがしい青空に感謝!のいわきでした。
2010.03.27 Sat l 平泉 l top ▲
暫く更新が滞っておりました。

アッ!という間に二月が過ぎ、三月となりました。

気がつけば二月は一度も更新していない...と思いながら、先月の出来事を綴りたい
と思います。

2月13日~14日の二日間、福島県いわき市へ参りました。

僕は三度目のいわき。

振り返ってみたところ、

一度目は、1996年の白水阿弥陀堂外苑・いわき時代まつり・浄土庭園コンサート。

二度目は、2002年の白水阿弥陀堂外苑・いわき時代まつり・姫神コンサート。


今回、いわきを訪れたのは、平泉をご縁に講演を...という、有り難いお話を
戴きました。

会場は、いわき市総合保健福祉センター。

20100213_1

珍しく、福島、そしていわきでは雪が降った事と重なり、岩手とあまり変わらない風景
でした。

地元の方が曰く、このような大雪は数年ぶりとの事です。

20100213_2

ガラスが沢山あり、綺麗なデザインの建物でした。

20100213_3

天気が..という事もあり暗い様子に見えますが、晴天の時には非常に明るいのでは?
と思うような空間です。

20100213_4

建物の内部に木があり、有機質と無機質が融合された非常に面白い空間です。


さて、今回の講演は、

20100213_5

と題しまして、平泉商工会・副会長の千葉力男さんと講演をさせて戴きました。

平泉商工会 http://www.shokokai.com/hiraizumi/

千葉力男さんは、平泉町にある「芭蕉館」というお蕎麦屋さんのご主人でもあります。

僕は1986年から平泉を訪れる際には、いつも美味しい蕎麦を..と、蕎麦好きで
あった先代と..今でも平泉を訪れる時に必ず行くお蕎麦屋さんです。

詳しくは、芭蕉館さんのweb

http://www.bashokan.co.jp/

をご覧ください。

20100213_6

講演は、姫神と平泉についてお話をさせて戴きました。

最後までご拝聴戴いた会場の皆様、有り難うございました。


ところで、今回の講演で初めて受けた質問がありました。

それは、

「ブログを拝見していますが、写真も撮影されているのですか?」

という内容でした。

昨年からデジタル一眼レフカメラで撮影した写真を当ブログにアップしてきましたが、
このような質問は初めての事でしたので驚きました。

しかし、その質問をされた方が何故このような内容を聞いてきたのか??
が分かりました。

古代蓮

戴いた大きな古代蓮の花の写真。

なんと、毎朝白水阿弥陀堂に通われて、ご自身で撮影されたそうです。

徳永淳子さんという方で、AFP・ファイナンシャルプランナーをされているそうです。

ブログへの写真掲載の許可を戴きました、御礼申し上げます。


さて、講演が終った後、白水阿弥陀堂へと向かいました。

20100213_7

残念ながら閉門時間となっており、外からしか観る事ができませんでした。

しかし、冬のいわきを訪れる事は初めて、そして白水阿弥陀堂の屋根が白くなっている
のを初めて観る事が出来ました。

20100213_8

白水阿弥陀堂の浄土庭園には、数匹のカモが泳いでしました。

20100213_9


翌日の記事へと続きます。

http://hokujinreika.blog40.fc2.com/blog-entry-153.html

2010.03.27 Sat l 平泉 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。