上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ここ数日間の模様を更新しました。
順を追ってご覧戴ければと思います。


伊勢

http://hokujinreika.blog40.fc2.com/blog-entry-124.html

伊勢神宮・内宮神苑特設舞台・奉納演奏

http://hokujinreika.blog40.fc2.com/blog-entry-125.html

伊勢神宮・内宮~猿田彦神社~月讀宮

http://hokujinreika.blog40.fc2.com/blog-entry-126.html


伊勢より移動

http://hokujinreika.blog40.fc2.com/blog-entry-127.html

石徹白(イトシロ)

http://hokujinreika.blog40.fc2.com/blog-entry-128.html

大師堂~虚空蔵菩薩~

http://hokujinreika.blog40.fc2.com/blog-entry-129.html

白山中居神社

http://hokujinreika.blog40.fc2.com/blog-entry-130.html

三馬場巡り~長滝白山神社~

http://hokujinreika.blog40.fc2.com/blog-entry-131.html


三馬場巡り~九頭竜湖~

http://hokujinreika.blog40.fc2.com/blog-entry-132.html


三馬場巡り~平泉寺白山神社~

http://hokujinreika.blog40.fc2.com/blog-entry-133.html


三馬場巡り~北谷~

http://hokujinreika.blog40.fc2.com/blog-entry-134.html


三馬場巡り~白山比め神社~

http://hokujinreika.blog40.fc2.com/blog-entry-135.html


スポンサーサイト
2009.11.25 Wed l 未分類 l top ▲
11/24(火曜日)。

石川県白山市にある白山比め神社へお参りに行きました。
*白山比め神社の「め」は、口へんに羊と書きます。

091124_Shirayama_01


091124_Shirayama_02

鳥居の向こう側にある「和田屋」さんには、平成二年に宿泊した事がありました。

091124_Shirayama_03


091124_Shirayama_04


091124_Shirayama_05


091124_Shirayama_06


091124_Shirayama_07


091124_Shirayama_08


091124_Shirayama_09


091124_Shirayama_10


091124_Shirayama_11

平成二年に宝生流能舞さんと共演した「清浄白山・姫神夢ものがたり」がありました。

この境内・神域で奉納演奏が行われました。

091124_Shirayama_12


実は平成二年に奉納演奏があった際の記念で「絵馬」があります。


091124_Shirayama_13


先代が亡くなった後でも、こうして境内に記念の絵馬が飾れている事は非常に感無量です。

本人が亡くなっても、その音・音楽があり、コンサートや奉納演奏でも楽曲が流れます。

改めて先代の軌跡を確認した三馬場巡りの締めくくりでもありました。


三馬場は、泰澄大師(たいちょうだいし)によって開山された白山への禅定道(ゼン
ジョウドウ)の拠点です。

当時は馬に乗って移動し、馬場(バンバ)は馬を待機させる場所で、そこから歩いて
登っていったそうです。

三馬場(サンバンバ)は、

美濃馬場(ミノバンバ):長滝白山神社(岐阜)
越前馬場(エチゼンバンバ):平泉寺白山神社(福井)
加賀馬場(カガバンバ):白山比め神社(石川)

の三カ所から三馬場と言われ、各々の馬場から白山に拝登する、

「美濃禅定道」「越前禅定道」「加賀禅定道」があります。


かつて先代・星吉昭は白山を登山しました。

当時、僕は登る事が出来なかったのですが、そう遠くない近い将来、
白山を登山してみたいと思います。

さて、その帰り道。

伊勢神宮での奉納演奏、三馬場巡りは常に太陽に見守られていた様です。

091124_Shirayama_14

こうして岩手へと戻りました。


平泉とも縁のある白山ですが、東北の山々はこれから真っ白い雪に覆われ、言わば
「白い山」になります。

遠い東北の地から何故、白山を想い、敬い、尊く感じたのか。

ゆっくりとじっくりと、僕の代での姫神という音・音楽を通じて紐解いていければ
..と考えています。


このブログを通じて、平泉そして白山に興味を持たれるきっかけとなれば幸いです。

2009.11.25 Wed l 白山 l top ▲
平泉寺白山神社での参拝を終えて石川県へ。

もう暗くなり始め、峠を越えようとした時の事。

カーナビが何を間違ったのか、僕が操作を間違ったのか、人気のない細い道へと
進みました。

ようやく大きな国道にさしかかった時に、

091123_Kitadani_1


091123_Kitadani_2


これはもう、この日の夕陽を観る為にこの道に迷い込んだのか!?と思う程の
絶景でした。


この日は金沢まで移動し宿泊しました。
2009.11.25 Wed l 白山 l top ▲
九頭竜湖を越え、福井県勝山市の平泉寺白山神社へ。


091123_Heisenji_01


数度訪れていますが、この日は大勢の参拝客と地元の方々による整備・清掃があり
沢山の方々がいらっしゃいました。


091123_Heisenji_02


091123_Heisenji_03


091123_Heisenji_04


091123_Heisenji_05


緑の苔が美しく映えた参道を進みます。


091123_Heisenji_06


さて、ここで「平泉(ヒライズミ)」という場所へ。


091123_Heisenji_07


091123_Heisenji_08


その昔、白山を開山した泰澄大師がこの泉に白山大権現が現れたのを観た場所です。


091123_Heisenji_09


091123_Heisenji_10


091123_Heisenji_11


岩手の平泉が、この勝山・平泉寺白山神社より名前の由来がある..という説が
あります。

宮司さん他、神職の方々は「平泉(ひらいずみ)」さんです。

奥州藤原氏が白山信仰があり、当時、都の状況や情報は白山の麓を経由して得て
いたという説があります。

少なからず、この地とのご縁があり平泉との関係は何かあるのでは?

一層、また再認識したようにも感じました。


091123_Heisenji_12


091123_Heisenji_13


091123_Heisenji_14


091123_Heisenji_15


091123_Heisenji_16


091123_Heisenji_17


091123_Heisenji_18


091123_Heisenji_19


091123_Heisenji_20


2009.11.25 Wed l 白山 l top ▲
長滝白山神社を参拝し、福井県へ。

途中、九頭竜湖を越えていったところ、

091123_Kuzuryuuko_1


091123_Kuzuryuuko_2


凄い光景に出会い、思わずシャッターを...


091123_Kuzuryuuko_3


本当に申し訳ないくらいに天候に恵まれ、福井県は勝山市を目指しました。
2009.11.25 Wed l 白山 l top ▲
石徹白から白鳥町へ戻り、長滝白山神社へ。

091123_Nagataki_01


091123_Nagataki_02


この地で三度、先代が奉納演奏をさせて戴きました。

僕は小学生の頃、中学生の頃、高校生の頃、と三度この地へ来ておりました。


091123_Nagataki_03


091123_Nagataki_04


091123_Nagataki_05


091123_Nagataki_06


091123_Nagataki_07


091123_Nagataki_08

11/23(月・祝)。

ちょうどこの日は新嘗祭があり、神事が行われておりました。

091123_Nagataki_09


091123_Nagataki_10


091123_Nagataki_11


091123_Nagataki_12


091123_Nagataki_13


091123_Nagataki_14

明治の廃仏棄釈により、長滝寺と白山神社と分離しましたが、同じ境内、同じ参道で
神社とお寺が存在しています。

091123_Nagataki_15

長滝寺。

091123_Nagataki_16

国重要文化財の石燈籠です。

091123_Nagataki_17


091123_Nagataki_18


091123_Nagataki_19


091123_Nagataki_20


091123_Nagataki_21


さて、帰り際。

1988年、日本二代延年と共演した岐阜県奥美濃白鳥「姫神白山夢幻奏コンサート」
がきっかけとなり、出来た駅だそうです。

長良川鉄道越美南線です。

091123_Nagataki_22


091123_Nagataki_23


091123_Nagataki_24
2009.11.25 Wed l 白山 l top ▲
大師堂と同じく、石徹白の白山中居神社(ハクサンチュウキョジンジャ)。

元々は虚空蔵菩薩が安置されていた場所です。

参拝に行ってきました。

091123_Chuukyo_01


091123_Chuukyo_02


091123_Chuukyo_03


091123_Chuukyo_04

背景には雪景色が観えます。

091123_Chuukyo_05

石の階段から橋を渡ります。

091123_Chuukyo_06


091123_Chuukyo_07


091123_Chuukyo_08


091123_Chuukyo_09


091123_Chuukyo_10


091123_Chuukyo_11


091123_Chuukyo_12

参拝を終えて帰ろうとした時、またしても!

素晴らしい光景でした。

091123_Chuukyo_13


091123_Chuukyo_14
2009.11.25 Wed l 白山 l top ▲
岐阜県郡上市白鳥町石徹白の大師堂。

091123_Taishidou_01

実はこの場所へは、小学校の頃、そしてつい最近も訪れていました。

091123_Taishidou_02

091123_Taishidou_03


091123_Taishidou_04

石の階段を登っていきます。

091123_Taishidou_05


091123_Taishidou_06


091123_Taishidou_07


091123_Taishidou_08

大師堂です。

白山を開山された泰澄大師の像。

091123_Taishidou_09

そして、虚空蔵菩薩の前で上村修一さんと。

091123_Taishidou_10

虚空蔵菩薩は今から約800年前、藤原三代の秀衡公が上村十二人衆に託し
白山の麓へ寄進されました。

上村修一さんは上村十二人衆の末裔で、言わば祖先から代々東北の血を受け
継いでいる方です。

虚空蔵菩薩と共に約800年、石徹白で過ごしてきた一族です。

明治の廃仏毀釈いわゆる神仏分離の際、上村さんの先祖代々からの歴史ある
虚空蔵菩薩を貰い受けに神社へ行ったと聞きました。

それ以来、この大師堂に虚空蔵菩薩が安置されているとの事です。


1988年、日本二代延年と共演した岐阜県奥美濃白鳥「姫神白山夢幻奏コンサート」
がありました。

その時に先代・星吉昭が大師堂・虚空蔵菩薩の前で奉納演奏をさせて戴いた事があり
ました。

当時小学生だった僕には、その意味や意義が分からずにおりました。

今、平泉が世界遺産登録へと向けて動き出しておりますが、こうした部分から当時の
平泉を観たり、考えたりする、そんな風に感じました。

この日も天候に恵まれていたので、大師堂は素晴らしい光景でした。

091123_Taishidou_11


091123_Taishidou_12


虚空蔵菩薩を拝観するたびに、気品に満ちあふれた美しい顔が忘れられません。

僕の個人的な感想ですが、上村修一さんの横顔が、何だか虚空蔵菩薩さんのよう
に観えました。

2009.11.25 Wed l 白山 l top ▲
11/22日(日曜日)。

名古屋からレンタカーを借り、北上。

岐阜県郡上市白鳥町に宿泊しました。

翌日、11/23日(月・祝)。

白鳥町より更に進み、石徹白(イトシロ)へ。

091123_Itoshiro_1

石徹白へ向かう途中の写真です。

断崖絶壁!もの凄い標高のある峠を越えて行きます。

091123_Itoshiro_2

この日は大変天候に恵まれました。

091123_Itoshiro_3

桧峠。

標高が1000M弱あります。

ナント、気温マイナス1度、雪が残っていました。


091123_Itoshiro_4

まるで大歓迎を受けているような光景です。

暖かい太陽の光に導かれるように石徹白を目指しました。

091123_Itoshiro_5


2009.11.25 Wed l 白山 l top ▲
御礼参り、猿田彦神社参拝、月讀宮参拝の後、宇治山田駅へ。

20091122_001

名古屋を目指し移動しました。

20091122_002


20091122_003


実はこの後、岩手には直ぐに戻らずに次の目的地へと移動しました。

2009.11.25 Wed l 伊勢 l top ▲
11/22(日曜日)。

昨日の奉納演奏を無事終える事が出来た御礼参りに行きました。

20091122_01

朝7時過ぎ。

昨日とはまた雰囲気の異なる宇治橋です。

20091122_02

風日祈宮御橋(かざひのみのみやみはし)、別名五十鈴川御橋です。

風日祈宮への参拝には、この橋を渡って行きます。


御礼参りをさせて戴き、内宮→猿田彦神社参拝。

20091122_03

三連休の休日という事もあり、多くの参拝者がいらっしゃいました。

猿田彦神社さんは芸能の神様という事もあり、多くの芸能人、音楽家なども訪れて
いるそうです。

そして、猿田彦神社→月讀宮参拝。

伊勢には百二十五のお社があるそうですが、二年ぶりの月讀宮参拝です。

20091122_05


20091122_06


20091122_07

月讀宮参拝をしましたが、何故か非常に穏やかで落ち着く場所です。

20091122_08

もの凄く大きな巨木なのですが、斜めになっていてもしっかりと立っています。

20091122_09

まだまだ沢山のお社が伊勢にはあります。

興味のある方は猿田彦神社、月讀宮も是非訪れてみてください。
2009.11.25 Wed l 伊勢 l top ▲
11/21(土曜日)。

宇治橋の奉祝行事として、内宮神苑特設舞台で奉納演奏をさせて戴きました。

天候にも恵まれ、本当に素晴らしい状況での奉納演奏となりました。

当日朝からの模様をお伝えしていきます。

20091121_01

朝七時。

新しくなった宇治橋の前に集合しました。

20091121_02

まだ朝日がうっすらと出始めで、僕にとっては舞台の緞帳が少しづつ上がり始めた
様にも感じました。

20091121_03

柵(シガラミ)も新しくなっていました。

20091121_04

擬宝珠(ギボシ)も、宇治橋全体が檜の香りがしました。

20091121_05

宇治橋を渡り、鳥居をくぐり進むと右手に本日の特設舞台が観えてきます。

20091121_06

本日、奉納演奏をする神苑特設舞台です。

20091121_07

岩手には酒蔵が沢山ありますが、この姿は圧巻です。

20091121_08

水で手と口を清めます。

20091121_09


20091121_10


20091121_11

五十鈴川。

20091121_12


20091121_13


20091121_14


20091121_15


20091121_16


御垣内参拝をさせて戴きました。


20091121_17

参拝を終えると、日の光が入り始めました。

20091121_18

宇治橋前でもご来光です。


さて、幕開け!といったスタートです。

機材・楽器が搬入されセットアップした神苑特設舞台です。

20091121_19

20091121_20

会場のご案内も出して戴きました。

20091121_21

開場前、舞台からの写真です。

普段、座席からの写真が多いですが、舞台からの視点はこのような感じです。

20091121_22

開演前の様子です。

20091121_23

奉納演奏直前にお話をさせて戴きましたが、かつて平成二年の奉祝行事で先代・星
吉昭と星悦子により、内宮神域で奉納演奏をさせて戴きました。

そして一昨年、神嘗祭では外宮・勾玉の池・奉納演奏舞台、昨年は宇治橋前での
奉納演奏をさせて戴きました。

僕は始めての内宮・神域での奉納演奏です。

今回の神苑特設舞台は平成二年に先代が奉納演奏をした場所と丁度向き合う形と
なりました。

20091121_24

奉納演奏は13時より15時まで2時間の間、音を奏でました。

座席におさまらずに立ち見の方々も大勢いらしていました。

20091121_25

わざわざ遠方からお越しくださったファンの方々、一昨年より毎年観にお越しくだ
さっている方々、この度の奉納演奏でお世話になった地元の方々、神宮司庁並びに
関係者の方々、この場をおかりして御礼を申し上げます。


姫神としては四度目、僕の代では三度目の奉納演奏を無事に終える事が出来ました。

これからも精進して参りたいと思います。


ファンの方々より当日にどうしても伊勢に行く事が出来なかった..とのメッセージ
を戴いております。

このブログを通じて、当日も模様を感じて戴ければ幸いです。


伊勢神宮にまだお参りした事がない方、暫くお参りに行っていない方、宇治橋が新し
くなり檜の香りが漂っております。

是非、ご参拝に行ってみては如何でしょうか。
2009.11.25 Wed l 伊勢 l top ▲
11/20金曜日。

新幹線で名古屋まで移動。

近鉄名古屋から、宇治山田を目指しました。

20091120_01

20091120_02

宇治山田に到着。

20091120_03

挨拶と参拝と下見をかねて、伊勢神宮・内宮へ。

内宮神苑特設舞台です。

20091120_04

20091120_05

20091120_06

一昨年は外宮・勾玉の池・奉納舞台、昨年は内宮・宇治橋前・特設舞台という
事もあり、外宮へ御垣内参拝と神楽殿へ参りました。

20091120_07

20091120_08

20091120_09

久々に勾玉の池へ。

20091120_10

20091120_11

2009.11.24 Tue l 伊勢 l top ▲
ここ数日の模様を写真を交えてご紹介して参ります。

11/19、木曜日。

20091119_01

伊勢神宮へ向けて一足早く出発。

新花巻駅→仙台へ。

20091119_03

仙台某所で伊勢へ向けての準備制作作業を進めました。

20091119_02

この日は関東まで移動し宿泊。

翌日は伊勢神宮へと向かいます。
2009.11.23 Mon l 演奏 l top ▲
「初雪」が降りました。

20091118

気がつけば、もうこんな時間。

「?」と思い、外を観てみたら雪でした。

雨の場合は「音」で分かるのですが、久々に静かな雪です。

2009.11.18 Wed l スタジオ l top ▲
埼玉県越谷市にあるイオン・レイクタウンで開催された岩手フェアに行って
きました。

少々工事中となっていた新花巻駅。

東北新幹線で大宮へ。

2009111415_1

イオン・レイクタウンは日本最大級のショッピングモールでした。

会場は、

2009111415_2

吹き抜けの3F~4Fまである広い空間。

今迄、イベントやフェスに出場させて戴いた事はありますが、こうしたショッピング
モールでの演奏は初めての事です。

2009111415_3

初めてという事もあり、ちょっと緊張気味ではありましたが演奏させて戴きました。

2009111415_4

休日という事もあり、沢山の方々にご来場戴きました。

2009111415_5

平泉ミニ・トークでは達増知事自らが平泉についての熱いお話をお聞きしました。

2009111415_6

帰り道、ふと気がついた風景。

初めての越谷、初めての大型ショッピングモールでの演奏、また一つ大きな経験と
なりました。

岩手県フェアの関係者皆様、イオン関係者の皆様、何よりもご来場くださった皆様
に改めて感謝を申し上げます。


また当日は、先代の姉にあたる伯母さん夫妻、先代の高校時代の先輩、旧くからの
ファンの方々にお越し戴きました。

まだまだ駆け出しの若返った姫神ではありますが、あたたかく見守って戴ければと
思います。



先日の演奏風景ですが、スタッフさんより貴重な写真を提供して戴きました。

20091110_3

当日はこのような雰囲気で演奏しておりました。
2009.11.16 Mon l 演奏 l top ▲
更新が遅くなりましたが、今週の火曜日、記念演奏をして参りました。

先日の現場風景です。

20091110_1

20091110_2

演奏する側からはこんな風景なのですが、何と演奏風景の写真が撮れていません
でした。

後ほどアップ致します。

第34回 曹洞宗東北地方集会「岩手大会」
「求道~たましいとの出会い~」


お越し戴きました皆様、遠くより駆けつけて戴いたファンの方々、改めて御礼申し
上げます。

以上、「行ってきました」です。


これから「出発です」は、


黄金の國いわてフェア
 に行ってきます。

http://www.aeon-laketown.jp/event/index.html

  期日:2009年11月12日(木)~15日(日)
  会場:埼玉県越谷市「AEON Lake Town(イオン・レイクタウン)
演奏場所:AEON Lake Town mori 1F 木の広場
演奏時間:11月14日(土)14:00~14:30
        同日・同会場14:30~15:00 平泉ミニトーク
     11月15日(日)14:00~14:30
  入場:無料
 Web:http://www.pref.iwate.jp/view.rbz?cd=8141


ファンの方々より、越谷に行きます!メールを戴いております。

当日は演奏後にCD販売のサイン会予定もありますので、お気軽にお声掛け
戴ければと思います。

それでは会場で皆様をお待ちしております。
2009.11.13 Fri l 演奏 l top ▲
先日、平泉・毛越寺一山の白王院ご住職の志羅山慈順さんが亡くなられました。

http://hokujinreika.blog40.fc2.com/blog-entry-116.html


昨秋に、平泉・白山妙理堂での秋祭で記念撮影した写真がありました。

故・志羅山慈順さんと最初で最後の記念写真です。

Hakuouin_1

平泉の地元の方々と和尚さん方とご本尊様を拝みご精進の料理とお酒をいただきました。

Hakuouin_2

白山についてのお話と、平泉との関係について沢山お話をお聞きしました。

志羅山さんにも、皆さんにもあたたかく迎えていただき、感謝・感激の一夜でした。


白山と平泉の関係については、時間をかけて当ブログで触れて行きたいと思って
おります。


昨日の事のように覚えていて、本当に楽しい一夜でした。

改めまして、心よりご冥福をお祈り申し上げます。




さて、明日は盛岡に行きます。


第34回 曹洞宗青年会東北地方集会「岩手大会」

 「求道(グドウ)~たましいとの出会い~」

 期日:2009年11月10日(火)
 会場:ホテルメトロポリタン盛岡ニュー・ウィング
    4F メトロポリタンホール
 時間:  開場15:00~
    記念法話16:00~
    記念演奏17:15~18:30
催事名:第34回 曹洞宗青年会東北地方集会「岩手大会」
     「求道(グドウ)~たましいとの出会い~」
 主催:東北地区曹洞宗青年会連絡協議会
 主管:岩手県曹洞宗青年会
 協力:曹洞宗岩手県宗務所・全国曹洞宗青年会
 入場:無料
問合せ:大会事務局
     岩手県花巻市大迫町内川目48-29 桂林寺内
      電話 0198-48-2020
Web:岩手県曹洞宗青年会
     →http://www.gansousei.com/
    第34回 曹洞宗青年会東北地方集会「岩手大会」Web
     →http://www.gansousei.com/images/touhokutaikai/touhokutaikai.html

平日の夕方ではありますが、皆様のご来場をお待ちしております。
2009.11.09 Mon l 平泉 l top ▲
今夜放送された松本清張原作の「点と線」。

活字の小説を読み始めたのは小学校高学年~中学生の頃でした。

先代・故・星吉昭(父)が初めて薦めてくれた小説が「点と線」。

豪華キャストによる「点と線」を観ながらあれこれと想いを巡らせました。


「昭和の匂い」。

ビートたけしさんが演じる鳥飼重太郎。

僕はとても「昭和の匂い」がその姿、仕草、演じ方から感じます。

時代は平成であっても、21世紀であっても、何処となく感覚的に滲み出て
いる「昭和」の雰囲気。

先代・故・星吉昭もそんな「昭和の匂い」がする人物像だったように思いま
す。

僕は昭和後期50年代の生まれですが、時代によってその考え方と感覚が、
まるで違うように感じます。

明治生まれの松本清張さん。

先代・故・星吉昭の母、僕が生まれた時には既に他界しており、写真でしか
顔を見る事しか出来なかったのですが、明治生まれの祖母ハルミ。

そんな時代、感覚的な嗅覚が松本清張への魅力...というのもあったので
しょうか。


今週から色々と動き始めますが、そんな想いを胸に馳せながら取り組んで行き
たいと思います。

2009.11.08 Sun l メディア l top ▲
姫神演奏頁を更新しました。

http://www.himekami.jp/concert/index.html


~更新内容~


第34回 曹洞宗青年会東北地方集会「岩手大会」

 「求道(グドウ)~たましいとの出会い~」

 期日:2009年11月10日(火)
 会場:ホテルメトロポリタン盛岡ニュー・ウィング
    4F メトロポリタンホール
 時間:  開場15:00~
    記念法話16:00~
    記念演奏17:15~18:30
催事名:第34回 曹洞宗青年会東北地方集会「岩手大会」
     「求道(グドウ)~たましいとの出会い~」
 主催:東北地区曹洞宗青年会連絡協議会
 主管:岩手県曹洞宗青年会
 協力:曹洞宗岩手県宗務所・全国曹洞宗青年会
 入場:無料
問合せ:大会事務局
     岩手県花巻市大迫町内川目48-29 桂林寺内
      電話 0198-48-2020
Web:岩手県曹洞宗青年会
     →http://www.gansousei.com/
    第34回 曹洞宗青年会東北地方集会「岩手大会」Web
     →http://www.gansousei.com/images/touhokutaikai/touhokutaikai.html



黄金の國いわてフェア


  期日:2009年11月12日(木)~15日(日)
  会場:埼玉県越谷市「AEON Lake Town(イオン・レイクタウン)
演奏場所:AEON Lake Town mori 1F 木の広場
演奏時間:11月14日(土)14:00~14:30
        同日・同会場14:30~15:00 平泉ミニトーク
     11月15日(日)14:00~14:30
  入場:無料
 問合せ:岩手県盛岡市内丸10-1
      岩手県地域振興部地域振興支援室
       電話 019-629-5194
 Web:http://www.pref.iwate.jp/view.rbz?cd=8141



伊勢神宮宇治橋架け替え奉祝 姫神奉納演奏

    期日:2009年11月21日(土)
奉納演奏会場:伊勢神宮・内宮・内宮神苑特設舞台
奉納演奏時間:11月21日(土)13:00~15:00
       *小雨決行、豪雨時は神宮司庁判断により中止、中断
    入場:無料
   Web:http://www.isejingu.or.jp/
       http://www.isejingu.or.jp/whatsnew/detail.php?uid=165



皆様のお越しを心からお待ち申し上げます。

2009.11.07 Sat l 演奏 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。