上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
その昔、東北の人々は一生に一度はお伊勢参りをしていた。

例えば、とある木を拝めばお伊勢参りをした事になる。

例えば、とある石を拝めばお伊勢参りをした事になる。

そんな場所や話が数多く残っている。


僕の両親は平成二年に伊勢神宮の内宮で奉納演奏をさせて戴いた。

ご縁を賜り、昨年、伊勢神宮・外宮・勾玉の池で奉納演奏という
大きな機会を戴いた。


僕の祖父、そして先祖もどうやらお伊勢参りに行っていたらしい。

そうなると、自分の両親や祖父、先祖が訪れていた伊勢にこうして
訪れる事が出来るのは大変嬉しく名誉な事である。

あの時、祖先が訪れ、祖父が訪れ、先代が奉納演奏をした伊勢。

かつて訪れた伊勢の空の下で奉納演奏をさせて戴けるだけでも有り難
い。

今回は、d-k(デジタル掛け軸)長谷川章氏との初コラボレーション。

長谷川氏は気さくな方で、若輩者の僕を相手に真剣な眼差しで、対等
に話をして戴いた。

また今回はサラウンドで音場環境を構築し、この日を目指して楽曲の
音構成を煮詰めてきた。

今迄、数々の公演があった中、今回は特別な奉納演奏になる事と思う。

伊勢 浄闇(ジョウアン)の響きと題して、18:45より奉納演奏が
始まります。

どうか、天候も穏やかに無事奉納演奏が出来るよう祈るばかりです。
スポンサーサイト
2008.10.25 Sat l 演奏 l top ▲
Ethnic Music World (エスニック・ミュージック・ワールド)の
再放送が決定致しました。

エフエムたいはく
 毎週水曜日 17:20~ (再放送)

今週は先週放送した第一回目の「Etnic_Music_World」再放送されます。

以後、毎週水曜日の夕方から再放送となります。

この機会に是非、お聴き戴ければと思います。


週末の花巻公演を控え、仕事場での詰め作業も締め切り間近となりました。

本年で一番大きなコンサートとなる予定ですので、皆様のご来場をお待ち
しております。

当日は、会場ロビーにて平泉の文化遺産讃歌巡回展が予定されております。

岩手県知事によるメッセージボード、書道家・武田双雲氏が揮毫したパネル
などが展示されます。

また今回の公演には、あの「まがき節」で全国的にも大絶賛の遠野市・小友
の氷口御祝保存会の皆様にお越し戴きます。

その他、豪華ゲスト陣が当日演奏予定ですのでご期待ください。

花巻公演では新たな楽曲も演奏予定です。

明後日、皆様とお会いする事を楽しみにしております。

2008.10.08 Wed l メディア l top ▲
昨夜、松島・瑞巌寺にて無事、奉納コンサートを終えました。

宮城県内外、遠くは静岡、岐阜、名古屋からお越しください
ました皆様方に改めましてこの場をおかりして御礼申し上げ
ます。

さて、本日よりコミュニティ・エフエム局よりとある番組が
放送されます。
その番組名は「Ethnic_Music_World」
(エスニック・ミュージック・ワールド)です。

今月より
エフエムたいはく 毎週土曜日夜21:00~
 カシオペアFM 毎週土曜日夜19:00~

Ethnic:民族、Music:音楽、World:世界
姫神が東北民謡を礎として始まった事柄から、
東北~日本~世界に無数に広がる「民族音楽」を紹介する
番組です。

ラジオ番組としては初デビューとなります。

民謡や姫神の楽曲、世界各国の民族音楽を僕の独断の切り口で
紹介していきます。

是非、お聴き戴ければと思います。


残り一週間となりました。
10/10(金曜日)は花巻市文化会館でのコンサートを迎えます。

ご来場を心よりお待ち申し上げます。
2008.10.04 Sat l メディア l top ▲
十月一日。

生涯、きっと忘れる事のない日であると思う。

四年前の十月一日。先代、星吉昭が急逝した。

僕は未だに急逝してしまった事が信じられない。

というか、正直認めなくないという気持ちが強い。

ある日、突然、フラッと表れそうな気がしてならない。

あれから四年。目まぐるしく日々の出来事が加速的に進む一方、
夢から覚めたように、昨日の出来事のように思う。

あの日は雨が降っていた。

空が一緒になって涙を流してくれたと思う。

僕はあの時に比べ成長したのだろうか。

三年経てば変わる、五年経てばすっかり変わる、十年経てばたちまち
変わっている..先代の口癖だった。

姫神の活動を担い、続けてゆく中で、今だからこそ分かる事、今だから
こそ感じる事がある。

もう一度、話す事が出来るのならば、偶然でも必然でも、僕にチャンス
を与えて貰えた事に感謝の意を伝えたい。

先代が何を考え、何をつくり、何を目指していたのか。

その未来を、「音」という姿・形のない世界で描いていきたい。


2008.10.01 Wed l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。