上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
翌日、6/13(日曜日)。

朝、草刈り作業で集まっていた山口太鼓の会員の方達と某所へ。

20100613_02

スコップで穴を掘っていきます。

20100613_04

交代で、穴を掘っていきます。

20100613_05

さて、穴を掘っていたのは、

20100613_06

記念の植樹の為でした。

20100613_07

記念樹の記念撮影は、木を中心に

記念樹右側:佐々木 沙織さん
      黒田 りかさん
      佐々木 徹真さん(副会長)
      佐々木 崇秀さん
      中山 のぞみさん
      黒田 サエさん
記念樹右側:吉田 圧務さん
      中山 麻子さん
      崎尾 雅樹さん
      吉浜 孝治さん
      吉浜 定雄さん
      佐々木 達哉さん
      佐々木 茜莉さん
      佐々木 舞桜さん

の皆さんです。

20100613_08

なんと、会員の方による手作り看板まで用意して戴いておりました。

2010年という節目に「朴の木(ホウノキ)」を植樹しました。

この先、何十年先、もし自分の命が続いていた時には、この日の事を思い
出しながら自分が進んで来た道を振り返ってみたいと思います。

朴の木と共に、山口太鼓の会さんと共に、これから一歩一歩確実に歩んで
参りたい..そう強く心に、そして皆さんと約束・絆を結ばせて戴いたよ
うに思っています。


先代の時よりお世話になっている山口太鼓の会・会長の佐々木清さん、
会員の皆さんにこの場をかりて心より御礼を申し上げたいと思います。

二日間、あたたかく迎えていただきありがとうございました。



この後、現地解散~向かった先は、

20100613_09

浄土ヶ浜。

前日のやませは殆どなく、風も穏やかで波も穏やかでした。

20100613_10

前日の写真と比べると、景色がまったく違います。

20100612_02

本当に快晴で、風も波も穏やかな浄土ヶ浜を巡ってみました。

20100613_11

20100613_12

20100613_13

20100613_14

20100613_15

20100613_16

トンネルを抜けると、そこは、

20100613_17

20100613_18

20100613_19

20100613_20

20100613_21

2つめのトンネル

20100613_22

20100613_23

20100613_24

2つめのトンネルを抜けると、そこは、

20100613_25

20100613_26

20100613_27

20100613_28

20100613_29

20100613_30

20100613_31

20100613_32

20100613_33

20100613_34

道を戻る途中、

20100613_37

展望台へ。

20100613_35

20100613_40

20100613_36

20100613_38

20100613_39

20100613_41

20100613_42

20100613_43

前日、やませで観えなかった月山の方へ向かいました。

20100613_44

前日の写真を比べると、

20100612_03

全然違う風景です。

今回はタイミング良く、やませがある風景とない風景を見比べる事が出来ました。

こうして宮古での見学と記念植樹を無事終えました。

また次の機会に訪れる時には、どんな風景なのか?を楽しみに過ごしたいと思います。


スポンサーサイト
2010.06.14 Mon l 山口太鼓 l top ▲
一昨日、6/12(土曜日)本州の最東端。

岩手県宮古市へ。

宮古へ到着して直ぐに名勝・浄土ヶ浜へ。

20100612_01

この時期、やませによって全く海が見えない...

という日があるそうです。

写真や記述で「やませ」を見た事はありましたが、実際の「やませ」を生まれて
初めて観ました。

20100612_02

「霧」とは違い、高さは低く、霧の塊のようなものがゆっくりと海から川へ向か
っていくそうです。

宮古の山「月山」も、

20100612_03

頂上の方しか観えませんでした。

それから宮古へ来て思う事が1つ。

普段、仕事場のまわりには野鳥が飛び回っていますが、宮古では、

20100612_04

ウミネコが沢山飛んでいます。

鳴き声といい、姿・形といい、「あぁ、海に来たんだ..」と思う瞬間でもあります。


さて、宮古と言えば、

20100612_05

「たらふく」。

以前、当ブログでも紹介致しました。

http://hokujinreika.blog40.fc2.com/blog-entry-156.html


20100612_06

山口太鼓の会、佐々木達哉さんと共に、

20100612_07

いただきました。


夕刻、宮古市黒森町山口にある「黒森ふれあい館」へ。

20100612_08

「黒森ふれあい館」は黒森神社の麓にあります。

20100612_09

この日、山口太鼓の会さんの練習を見学させて戴きました。

20100612_10

また日も明るい時間、少人数での練習がスタートしました。

20100612_11

今回は幸運にも新曲の練習がメインでした。
新曲を聴かせて戴きました。

20100612_12

いつも聴いていて、観ていて思うのですが、太鼓はよく「命の鼓動・リズム」
という風にも感じます。

20100612_13

ただテクニックなどの技で叩くのでなはなく、1発1発のバチさばきに、1つ
1つの気迫・魂を大きく感じます。

20100612_14

そしてただ叩くのではなく、型があり、荒々しい波のリズムの中に綺麗なフォ
ームは観る人の心を惹き付ける魅力を感じます。

20100612_15

徐々に日が暮れていき、会員の方達が1名、また1名と増えていきます。

20100612_16

練習の終盤、山口太鼓の会さんの名曲「宮古ばやし」の練習が始まりました。

20100612_17

先代・故・星吉昭は、山口太鼓の会・会長の佐々木清さんを「名作曲家」と
言っていました。
それは、太鼓だけの楽器構成で曲を作る事は非常に難しく、しかも「宮古ば
やし」という名曲は凄い!という言葉を覚えています。

20100612_18

この日は、会長の佐々木清さんも練習を見守り、残念ながら前日に怪我をさ
れた会員の方もいらっしゃいました。

太鼓を叩かなくても、その場で同じ気持ち・心を持ってその場に居る..
そんな姿勢・心境を感じました。


練習後、本日参加した会員の方達と楽しい一時をご一緒させて戴きました。

20100612_19

色んな話が飛び交い、にがやかに話に花が咲きました。

20100612_20

せっかくの機会という事もあり、記念写真を撮影しました。

20100612_21

この日、一緒に過ごさせて戴いた山口太鼓の会の皆さんは、

 写真私の斜め後ろ:佐々木 清さん(会長)
私から時計まわり順:佐々木 達哉さん
          佐々木 夕さん
          佐々木 沙織さん
          豊間根 佳美さん
          大城 里美さん
          黒田 りかさん
          崎尾 雅樹さん
          中山 のぞみさん
          吉浜 孝治さん
          佐々木 徹真さん(副会長)
          吉浜 定雄さん
          中山 麻子さん
撮影で写っていない:佐々木 崇秀さん

でした。

ありがとうございました。


さて、今回宮古へ来た目的はもう1つありました。

次記事へと続きます。

2010.06.13 Sun l 山口太鼓 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。