上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
先日の事。

20121023_01

秋晴れの空、平泉へ。

20121023_02

久々に中尊寺さんへ参りました。

来月まで「秘佛 一字金輪佛頂尊 御開帳」となっておりますのでご興味のある方は
是非、訪れていただければと思います。

中尊寺
さんを訪れたのは、もう1つ目的がありました。

20121023_03

道を進み、

20121023_04

白山神社、野外能楽殿方面へ。

20121023_05

実はいつもこの場所で右側へと進んでいましたが、左側へ。

20121023_06

平泉を何度も訪ねてましたが、初めて「かんざん亭」へ。

20121023_07



20121023_08

実は地元の方から「かんざん亭の自然薯そばを一度食べてみては…」というお話を
聞き、お昼時間の早めにやって参りました。

レジにて注文を終えて、ベランダ側の外席へ。

20121023_09

素晴らしい景色に驚きました。

20121023_10

平泉の西側景色が見渡せる絶好の位置。

そして念願の、

20121023_11

自然薯そば(冷)。

更科系の細くて腰がありツルツルした麺、かえしも程よい甘さとスッキリとした味。

薬味は海苔、わさび、ネギ、めかぶ、そして自然薯。

自然薯は驚く程に粘り気が強くトロロのように分散しないので、そば汁との相性が
素晴らしい!の一言に尽きます。


初めての素晴らしい景色、素晴らしい食事。

久々にゆったりとした時間を過ごす事が出来ました。


ご興味のある方は是非、お昼早めの時間に訪れてみてください。

スポンサーサイト
2012.10.23 Tue l 平泉 l top ▲
先日、平泉・毛越寺さんを訪ねました。

20120703_1

世界遺産登録後、多く参拝の方々が訪れています。

あやめまつりが開催されており、花も

20120703_2

大変見頃となっておりました。


さて、今回毛越寺さんを訪ねたのは、遠く福井県勝山市より

20120703_3

平泉寺白山神社
の宮司・平泉隆房さんが奥州平泉にいらっしゃいました。

毛越寺・執事長・藤里明久さんが直々に庭園と宝物館のご案内し、大変興味深い
お話を沢山聞かせていただきました。


昨年、平泉寺白山神社をお参りさせていただいた記事、

http://hokujinreika.blog40.fc2.com/blog-entry-294.html


そして平泉と白山についての記事、

http://hokujinreika.blog40.fc2.com/blog-entry-302.html

をお読みいただければと思います。


何故、「平泉(ヒライズミ)」という名称であるのか?

今回、平泉宮司様に興味深い話をお聞き致しました。

「ヒラ」とは元々「坂(サカ)」を表す意味があり、「坂(サカ)」の事を
「ヒラ」と呼称してたそうです。

沖縄では未だに坂道の事を、

・坂道を下から上を見上げた時に「サカ」
・坂道を上から下を見た時に「ヒラ」

と言うそうです。

「泉」が自然と発生する場所には水源がありますが、山間に泉が出現するには
必ず谷や坂の下に自然と湧き出る…という状況があるそうです。

確かに中尊寺さんや達谷窟毘沙門堂・達谷西光寺さんでも、泉の位置が当ては
まる形となっておりました。

「平泉(ヒライズミ)」の字が意味する一つの表す形として、サカ、そしてイ
ズミという事が推測出来ます。



そして、

20120703_4

白山妙理堂を毛越寺白王院の志羅山さんにご案内いただきました。

ヒライズミさんとシラヤマさんが、平泉で記念写真。

これはおおよそ九百年を越えた素晴らしい歴史的瞬間!と私は強く感じております。


平泉宮司様は中世神道の研究をなさっており、二十年ぶりに岩手へいらっしゃった
そうです。

今後の研究にとても興味が湧きます。


白山と平泉の歴史、紐解かれてゆくその事実を音で紡いで参りたいと思います。


大変貴重な機会に立ち会わせていただいたご縁に感謝したいと思います。

2012.07.03 Tue l 平泉 l top ▲
久々のブログ更新です。

今週、福島県いわき市へ行ってきました。

おおよそ2年ぶりのいわき市。

http://hokujinreika.blog40.fc2.com/blog-entry-152.html


http://hokujinreika.blog40.fc2.com/blog-entry-153.html


平泉と縁の深い、内郷へ向かい白水阿弥陀堂のお参りに…

20120119_1

と思ったのですが、今現在は保存修理工事中で中へは入れませんでした。

20120119_2

浄土庭園を巡ると、

20120119_3

鴨が、

20120119_4

泳いでいると思ったところ…

20120119_5

確か2年前も同じ状況だったと思います。

20120119_6

今年の夏以降には工事完了予定ですので、改めて訪ねたいと思います。

20120119_7

昨年の大震災直後、いわき市の方と連絡を取った時に、
「やっと水と食料が届きました…」という言葉が未だに忘れられません。

いわき市の復興を祈り、阿弥陀堂に手を合わせてきました。


今年の夏以降、いわき市を訪れる際には是非、白水阿弥陀堂をご覧ください。

いわきから平泉を想う徳姫さんの心、内郷という場所を五感で感じて戴ければ
と思います。


2012.01.21 Sat l 平泉 l top ▲
スターリーテイルズ~星座は時をこえて →http://www.starrytales.jp/
  全国で上映中です

*スターリーテイルズ サウンドトラック →こちら
  アールクールさんでの販売はこちら  →こちら

*全額義援金mp3ダウンロードのご案内は、→こちら
 期間が10月末日まで延長となりました。


9月24~25日に世界遺産登録となった平泉町、観自在王院・特設会場で開催される
福興際に向けて、平泉町内の小中学校の皆さんに合唱練習をして戴いております。

平泉 福興際

http://hokujinreika.blog40.fc2.com/blog-entry-304.html


「平泉讃歌」岩手日報社による記事掲載


http://hokujinreika.blog40.fc2.com/blog-entry-306.html


「平泉讃歌」岩手日日新聞社による記事掲載

http://hokujinreika.blog40.fc2.com/blog-entry-305.html



今週、平泉町内になる小学校、中学校に伺いました。

一度目の午前中には、平泉町立長島小学校さんへ。

20110913_1

長島小学校さんにはマーチング・バンドがあり、地元の方々も学校も音楽に対して
熱心な環境の中、取り組んでいただきました。

20110913_2

主旋律のパートを既に歌う状況で、2ndパートへも挑戦中でした。

児童の方々が自ら、模造紙を繋げ体育館舞台に、

20110913_3

歌詞が掲げられていました。

始めは緊張していた様子なのですが、何度か合唱を繰り返すうちに表情も豊かになり、
声量も大きくなり、大変元気で立派な合唱でした。



その後、平泉町立平泉小学校さんへ。

20110913_4

音楽の先生がユニークな方法で子供達の緊張を和らげてくれました。

児童の方々からは、歌詞についての質問があり、私が答えられる範囲でお話を
させて戴きました。

やはり始めは緊張感もあったせいか、何度か繰り返すうちに明るく元気な歌声
になりました。


そして後日、平泉町立平泉中学校へ。

20110915.jpg

中学生ともなると、多少難しい事も…と思い、混声合唱でパートを3つに振り
分けた練習をして戴きました。


各学校では、震災後、春~夏に予定していた行事が延期となり、忙しい9月の中、
着々と練習を積み重ねて戴いております。

合唱練習に立ち会い、子供達の歌声は想像以上で私自身がエネルギーを戴いてきた
ような気がします。

私もやる気と元気、エネルギーを皆さんに戴き、福興際へ向けて準備を進めたい
と思います。


9/25の福興祭へ向けて、また来週も練習に立ち会います。

福興祭、皆様のご来場、心よりお待ちしております。
2011.09.17 Sat l 平泉 l top ▲
スターリーテイルズ~星座は時をこえて →http://www.starrytales.jp/
  全国で上映中です

*スターリーテイルズ サウンドトラック →こちら
  アールクールさんでの販売はこちら  →こちら

*全額義援金mp3ダウンロードのご案内は、→こちら
 期間が10月末日まで延長となりました。

岩手日報社さんに掲載された記事をお知らせ致します。


岩手日報2011年9月14日付
*この記事・写真は岩手日報社による許諾を得て掲載しています

岩手日報社
さんによる、Web記事のURLは下記となります。

http://www.iwate-np.co.jp/sekai/sekai/sekai1109141.html


下記新聞記事写真をクリックすると拡大してご覧戴けます。

20110914_nippou.jpg
2011.09.16 Fri l 平泉 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。